私たちが大切にしていること。

それは、お客様が器を見て、使いたいシーンがイメージできること。
そして、丁寧なものづくり、プラスちょっとした遊びや驚きがあること。
料理を盛る。会話がはずむ。生活を楽しむ。
そんな日々の様々な暮らしの中で、器を使うときの楽しみが増える事を望みながら
ものづくりに取り組んでいます。

What we value.

Being able to image the scene that you sees a caliber as for it and wants to use.
And are careful manufacturing, positive slight play and surprise.
Decorate the food on a dish, conversation bounds, enjoy your life.
We always work on with manufacturing wishing you to provide
more pleasure in using our tableware in the daily life.

7月特集「作ル」「贈ル」「使ウ」
web catalogue 2018
web catalogue 2018
深山の茶器
深山の茶器
News & Topics
2018/07/02
「贈りもの」がテーマの7月特集。大切なあの人へ。引き出物として。ご出産のお祝いに。それぞれの想いによ...
2018/06/27
6/15金曜〜7/8日曜までの間、そごう美術館さんで、昨年の国際陶磁器フェスティバル入選作品「plu...
2018/06/27
6/29金曜-7/31木曜の間、飛騨産業さんのHIDA東京ミッドタウン店にてミラノサローネで発表した...
2018/06/15
引き出物、内祝い、誕生日や母の日、父の日の記念品。木箱や和紙箱入りのギフトセットのカタログです。...
2018/06/15
小野里奈さんのデザインのもと、轆轤成形の小田陶器さんと鋳込成形の私たちが、それぞれ得意なものづくりで...
2018/06/15
1846年に瑞浪市で生まれた銅版転写による絵付技法を基とした、磁器の優しい質感が伝わる「釉薬銅版」技...

岐阜県瑞浪市。三市からなる美濃焼産地の中でも磁器、特に白磁の製造に特化したこの地区に深山はあります。
昭和中後期、世界の工場として欧米の洋食器ブランドの依頼に対し上質な白磁の洋食器を供給した時代に培われたものづくりの基礎。
私たちは、それら受け継いだものを基に、現代の暮らしに寄り添った丁寧な道具としての器を作っています。
製造や製品、使い勝手に関するお問い合わせなどございましたらお気軽にお問い合わせください。

Mizunami City, Gifu Prefecture.
Miyama is located in the Minoyaki producing area consists of three cities where porcelain, especially white porcelain is produced.
Foundation of manufacturing that was fostered during the middle and late period of Showa era when western style white porcelain tableware was provided, having received orders from the European and American tableware brand companies.
We are producing tableware as a gracious tool suitable for contemporary life associated with what we have inherited.
Please feel free to make inquiries to us about production, products and usability.